ワイ犬やけど? 自分のことを犬と思っている牛が可愛い

story 2019/07/25
Credit: Shaylee Hubbs

彼の名前はゴライアス。可愛い仔牛ですが、彼には1つだけ大きな問題があります。どうやら自分のことを牛ではなく「犬」だと勘違いしているようなのです。


私の牛は自分を犬だと思っています…5分間ドアを開けっ放しにしていたらこうなりました

 

米国カリフォルニア州に住むゴライアスくんは、と殺されかかっていたところを運良くシェイリー・ハッブスさん一家に助けられ、今ではのびのびと暮らしています。

ハッブスさん一家は、ゴライアスくんを3匹の犬と一緒に育てました。それが良かったのか悪かったのか、ゴライアスくんは犬たちと同じようにソファでくつろいだり、下あごをなでてもらって喜んだり、ドッグフードを食したりと、犬をコピーする行動を取り始めたのです。

Credit: Shaylee Hubbs

そうした行動を続けることで、心まで「犬」と化したゴライアスくん。その姿は話題となり、今ではゴライアスくん専用のツイッターアカウントも存在しています。

周りの犬たちも「珍しい柄だなぁ」としか思っていない様子であり、牛がそこに溶け込む様子はなんとも微笑ましいもの。

「環境の生き物」とされるのは人間だけではないことを、つくづく思い知らせてくれるゴライアスくんなのでした。

 

reference: laughingsquid / written by なかしー

SHARE

TAG

storyの関連記事

RELATED ARTICLE