「ぼくも!」甲羅をこすって欲しくて押しかけるカメさんたちにほっこり

story 2019/08/29
Credit: Facebook/Nur Hafiza Ariffin

シンガポールにあるボタニックガーデンの池には、多くのカメたちが暮らしています。

カメたちがいつも首を長〜くして待っているのが、ある一人の女性客。なぜなら、カメたちを虜にする魔法の道具を彼女が持っているからです。

その道具とは…ずばりブラシ。

池の岸辺にしゃがみこんだ女性が毛の生えたブラシを振ると、何十匹ものカメたちが我先にと池の中から姿を現します。そして列を成して、女性が背中をブラシでこすってくれるのを待つのです。

その様子を撮影した動画がこちら。

「すみません、こっちもお願いしまーす!」、「う〜ん、たまらん…」といったカメたちの声が聞こえてきそうですね。

どうやら、この女性の目的は、カメの甲羅に付いた藻を取り除いてあげることだったようですが、彼女の親切な行動はカメたちから想像以上の大歓迎を受けた模様です。

嬉々として女性の元へ近寄って来ては、背中を綺麗にしてもらい、満足気な様子で池へと帰るカメたちを見ていた周囲の人々も、なんともほっこりした気持ちになったようです。

Credit: Giphy

実は、カメは甲羅がすでに綺麗だったとしても、背中に当たるブラシの毛の感触を気持ちいいと感じるのだとか。カメを飼っている方は、ぜひお試しあれ。

後ろ向きにしかドアを通れないラブラドール 切ないワケが…

reference: thedodo / written by まりえってぃ

SHARE

TAG

storyの関連記事

RELATED ARTICLE