必殺猫パンチ!子猫のプロレスマッチが可愛すぎる

story 2019/09/12

可愛すぎてキュンキュンしちゃいます。

自宅で「ラスカル、ティーニー、タイニー」という名前の3匹の子猫を飼っているアシュリー・ウォードさんは、ある日、米国テキサス州デントンの自宅近くの激安ショップで”WrestleMania”というおもちゃのプロレスリングをわずか2ドルで手に入れました。

戦利品を意気揚々と自宅に持ち帰ったアシュリーさんは、さっそくリビングの床にリングを設置しました。

すると、どうでしょう!それを見た子猫たちはすぐに興味を示し、何とも可愛らしいタッグマッチを繰り広げはじめたのです。

ティーニー選手とタイニー選手がリングの中で大乱闘を展開するそばで、ラスカル選手はリングの外から「猫パンチ」や「尻尾カミカミ」などの技でちゃちゃを入れます。

接戦の末、タイニー選手が見事勝利を勝ち取りました!

続いては、ラスカル選手の登場。気合十分にリングに登ったラスカル選手でしたが、タイニー選手の強烈な噛みつきにあえなくノックアウトされてしまいます。

やがてティーニー選手も再び参戦し、もはやリングの内外を問わず、戦いは続くのでした…。

会話してる?オウムのコミュニケーションが人間じみていると話題に

reference: laughingsquid / written by まりえってぃ

SHARE

TAG

storyの関連記事

RELATED ARTICLE