2才児のピュアでまっすぐな友情に癒やされるほっこり動画

動物・ストーリー 2019/09/17
Credit: Michael D Cisneros/Facebook

親友に最後に会ったのはいつですか?

日々の生活に忙しい私たちは、自分にもっとも近い人のことを忘れてしまうこともしばしば。「しばらく会っていないなぁ」と思っているうちに、いつの間にか半年が過ぎていた…なんてこともよくありますよね。

子供たちは、大人と違って自分の感情にいつも正直です。心の訴えに従って行動する子供たちから、私たちは多くのことを学び、学び直すことができます。

2人の2才児が道端で念願の再会を果たし、熱いハグを交わす様子がネット上で話題を呼んでいます。観る人の心をたちまちとろけさせてしまうほっこり動画をご紹介します。

2日ぶりの再会に歓喜する2人

動画を投稿したのは、マックスウェル君の父親のマイケルさん。マックスウェル君とその親友のフィネガン君が、久々の再会に歓喜する様子を収めました。

「フィネガーーーン!」、「マックスウェーーール!」、「会いたかったよーーーー!」と言った様子で、お互いに駆け寄り、熱い抱擁を交わす二人。

Credit: Michael D Cisneros/Facebook

しばし感慨に耽ったあとは、マックスウェル君が持ってきたミニカーのことで盛り上がり、かけっこで道を通り過ぎていく2人なのでした。

ただし、「久々の再会」と言っても、2人が離れていた時間はわずか2日間なんです…。会えなかった2日間が、2人にはとてつもなく長く感じられたんでしょうね。

大人たちが忘れてしまった大切なこと

マイケルさんによると、マックスウェル君とフィネガン君が仲良くなったのは1年ほど前のこと。同じ音楽教室に通う2人は、ダンスをすることが揃って大好きで、とっても上手なダンサーなんだとか。

「一緒にいない時は、いつも相手が元気にしているかを尋ねてくるんだ」と語るマイケルさん。彼らを引き離すことは到底不可能なようです。

Credit: Michael D Cisneros/Facebook

動画を観た人たちからは、「お互いを想うこの2人のように、大人もいられたらなぁ」、「すごくかわいい!大人になっても親友同士で居つづけてほしい」といったコメントが数多く寄せられています。

また、2人の肌の色が違うことから、「人種差別は、大人たちが教えるものだ。子供はただ一緒に遊びたいだけなのに、大人が差別的な考えを子供に吹き込んでしまう」といった声も…。人種や職業といったレッテルで相手との境界線を引きがちな大人たちが、子供たちの純粋無垢な振る舞いから学べることは多そうです。

マックスウェル君とフィネガン君のピュアでまっすぐな友情が、いつまでも続いてほしいですね!

ほら座って! 犬が「赤ちゃんを」お座りさせる逆転現象!?

reference: boredpanda / written by まりえってぃ

SHARE

TAG