【心理テスト】一番最初に見えた動物は?「本当の性格」が明らかに…

psychological_test 2019/10/05
Credit: dimajadid

上のカラフルな絵の中には、実はたくさんの「動物」が隠されています。

中でも「一番最初にあなたの目に飛び込んできた動物」は何でしたか?その動物が、無意識下のあなたの「本当の性格」について教えてくれます。

 

…それでは結果をみていきましょう。

1.シマウマ

Credit: dimajadid

シマウマが一番最初に見えたあなたは、非常にフランクな性格の持ち主。人とのコミュニケーションが苦にならず、ジョークの才能があるため、人を笑わせてあげることを得意としています。しかし飽きっぽさが玉にキズであり、あまり1つのことを継続して長続きさせることができないようです。

2.ネコ

Credit: dimajadid

ネコが一番最初に見えたあなたは、あまりおしゃべりが得意ではない人物。そのため周囲の人々は、あなたのことをシャイだと思っているようです。自由を愛するあなたは、そんな自分の特徴を欠点だとは思っておらず、自分のルールに従って我が道を行くことができる人物だといえるでしょう。

3.アヒル

Credit: dimajadid

アヒルが一番最初に見えたあなたは、根っからの楽観主義者。今を生きることをモットーとしているあなたは、今日この日を人生の最後の日のように全力で楽しむことができます。好奇心が旺盛であり、どんなものの中にも興味が沸くポイントを見出すことができます。

4.コアラ

Credit: dimajadid

コアラが一番最初に見えたあなたは、とても感情豊かな人物。人の気持ちを察することが得意なため、面倒見がよく、良い聞き手として欠かせない存在です。マイペースで急ぐことが大嫌いなあなたは、忙しい都会よりは、のんびりとした田舎のほうが肌に合っているといえるでしょう。

5.ゾウ

Credit: dimajadid

ゾウが一番最初に見えたあなたは、優しく、とても寛容な人物です。問題解決能力にも長けているため、周囲の人はあなたのことをとても頼りがいのある人物であると感じています。そんなあなたが最も大事にしているのは「家族」であり、いつでも家族の幸せを一番に考え行動するように努めています。

6.クマ

Credit: dimajadid

クマが一番最初に見えたあなたは、伝統を重んじる人物。変化を好まず、今いる場所から進んで抜け出そうとはしません。あなたが生きがいにしているのは仕事であり、働いている時間に最も激しく自分の情熱を燃やすことができます。働き過ぎでワーカホリックになることには注意しておきましょう。

7.キリン

Credit: dimajadid

キリンが一番最初に見えたあなたは、「初体験」という言葉が大好きな好奇心旺盛な人物。いつも感度が敏感なアンテナを張り巡らせているため情報通であり、興味深いイベントをいち早くチェックします。退屈なルーティンは大の苦手であり、刺激を求めて生きていきます。

8.ブタ

Credit: dimajadid

ブタが一番最初に見えたあなたは、孤独を愛する一匹狼。一人の時間を非常に大事にしており、何よりも「自立」を重んじて人生を送っていきます。分析的思考力に長けており、あなたの鋭い分析にはいつも多くの人が驚かされることでしょう。

9.ウサギ

ウサギが一番最初に見えたあなたは、クリエイティブな才能の持ち主。内に秘めたエネルギーは強大であり、それが多くの人を惹きつけるため、気がつけば集団の中で主役になっています。何らかのアウトプットの機会を設ければ、自分の中のエネルギーを解放することができるでしょう。

10.ライオン

ライオンが一番最初に見えたあなたは、生まれながらのリーダー気質。強烈な個性とカリスマ性で、複雑な集団をまとめ上げることができます。完璧主義者でもあるため、どんな分野でも手抜きはせず、常に自己研鑽に励むことができる人物です。

11.フクロウ

フクロウが一番最初に見えたあなたは、いつも物事を深くまで考える思考力の高い人物。そのため必然的に一人の時間が増えてしまいますが、必ずしも孤独を愛しているわけではありません。ユーモアのセンスがあり、会話の中で人を楽しませてあげることができる人物でもあります。

 

心理テストの新着記事一覧はこちら

関連記事

【心理テスト】どの席に座る? 簡単&おもしろ性格診断!

9つの木で「本当の性格」がわかる心理テスト

好きな動物で心理テスト! 3匹選ぶとあなたの性格が丸裸に…

【心理テスト】この中で「誘拐犯」は誰? 怖いほど当たる性格診断!

恐怖のサイコパス診断! 10の質問でわかるあなたのサイコパス度…

reference: dimajadid / written by なかしー

SHARE

TAG