SNSを使ってメンタル回復力を鍛える3つの方法

心理学 2019/11/06
Credit: pixabay

現代人がSNSに費やす時間は年々増えていますが、その裏でSNSによるストレスも増えています。

みなさんもSNSによって不快な思いをしたことは一度や二度ではないでしょう。

しかし中には、SNSによってメンタルの回復力を鍛えられる人もいるようです。

彼らは一体どんなテクニックを使っているのでしょうか? SNSを用いて心の回復力を養う方法を探ってみましょう。

1. 経験を再構築する

回復力を科学的に高める方法が、「認知的再評価」。ストレスフルな出来事を再評価することで、それに対する自分の感情的な反応を変化させるというものです。

認知的再評価は実生活で役に立つだけでなく、ネット上で経験するストレス反応にも活用することができます。

たとえば、自分が何かに動揺していることを感じたら、次のように自問しましょう。

  • 「この状況からポジティブな結果が得られるとしたら何だろう?」
  • 「このことによって人はどうやって得をするのだろう?」
  • 「このことから自分が学べることは何だろう?」

このように経験を再評価し、再構築することで、ネガティブな感情をちょっとだけポジティブなものにシフトすることができるはずです。

2. 部外者の視点を持つ

現代社会を生きる私たちは、自分の経験、つまり「自分が何を感じ、考えるか」にあまりにも没頭しすぎている状態にあります。その結果、心が自分自身のネガティブさに囚われてしまうという現象が生じています。

ですが、自分の経験から自分自身を感情的に遠ざけることで、気分を改善し、回復力を醸成できることが、科学的に証明されています。

Credit: pixabay

もし今度、SNS上の記事について自分がイライラしていると感じたら、一歩下がって自分自身を部外者の視点から観察してみましょう。このアプローチによって、自分の感情から自分自身を少し引き離し、自分の経験を冷静に見つめることができるようになるでしょう。

3. タイムトラベルをする

SNS上にあふれる情報に晒され続けることで、情報過多に陥ることもあります。

そんな時に役立つのが、現在の自分の状況を「別の時点」から見るという方法です。

例えばその日のニュースについてコメントし、それを後から読み返します。すると、また違った視点で自分を見ることができ、あなた自身に認識もアップデートされるのです。

また、過去や未来の自分になったと想像して、今のあなたのSNSを見てみるのも効果的。「この頃こんなこと言ってたな」「未来の自分はこんな風になってるんだ」と感じてみることで、感情の起伏を抑え、ストレスからの回復力を上げることが出来ます。

そうすれば、あなたが現在感じているネガティブな感情は永遠に続くものではなく、やがては終わるものだということが理解でき、恐怖心が少し和らぐでしょう。

 

以上、これら3つの方法を日常的に試すことで、SNSはむしろ、あなたの心の健康状態の向上に役立つトレーニングツールになるかもしれません。

心から幸福を感じるための5つのライフハック「物語に置き換える」「ネガティブな視覚化」

reference: psychologytoday / written by まりえってぃ

SHARE