【12星座占い】不安への対処法はこれ!ふたご座は「好きなこと」に集中しよう

fortune-telling 2019/11/30
Credit: depositphotos

誰にでも襲ってくる「不安」。将来への不安や健康への不安など、私たちの悩みが尽きることはありません。

ここでは12星座別で「不安への対処法」を紹介。自分が無意識のうちに、どのように不安を解消しているのかをチェックしてみましょう。

おひつじ座

おひつじ座の不安への対処法は、ひたすらにその恐怖と向き合うこと。人に弱みを見せるのが苦手なあなたは、とにかく不安の対象から逃げずに立ち向かっていきます。行動力があり、実践的なタイプのあなたは恐怖に対して一歩たりとも引いて構える姿勢をみせることはありません。

おうし座

おうし座の不安への対処法は、かたくなにそれが「不安要素ではない」と否定すること。変化を嫌うおうし座は、ありのままの事実を受け入れてしまうため変化に応じた行動が苦手。そのため行動ではなく考え方を変化させることによって、恐怖に対処する傾向があるようです。

ふたご座

ふたご座の不安への対処法は、とにかく別のことに集中して気を紛らわせるといった方法。確かに存在している不安がゼロに近づいていくまで、好きなことに目を向けて恐怖の根源から目を逸らします。気晴らしの名人であるといえるでしょう。

かに座

かに座の不安への対処法は、愛する人と共に居心地のいい環境で過ごすこと。孤独が苦手なあなたは、愛する人から得る癒やしによって様々なことを克服します。最後には「愛が勝つ」と信じているあなたにとって、愛の対象は必要不可欠であるといえるでしょう。

しし座

しし座の不安への対処法は、おひつじ座と同様とにかく勇敢に行動を起こして、恐怖の根源を解消してしまうことです。実際には不安を感じていてもポーカーフェイスを装うことができるあなたは、恐怖が消え去るまでその原因に立ち向かっていくことができます。

おとめ座

おとめ座の不安への対象法は、とにかくよく考えて最適のプランを導き出すこと。冷静なあなたは不安に悩まされても決して取り乱すことなく、頭をフル回転させて最も効率良い解決策をひねり出すことができます。非常に思考能力に長けた人物であるといえるでしょう。

てんびん座

てんびん座の不安への対処法は、人生のバランスを取り直すこと。不安なことがあってもそれによって人生のすべてがダメになるわけではないことを理解しているあなたは、人生の「ポジティブな点」に焦点を当てて、上手にネガティブな思考とのバランスを取ることができます。

さそり座

さそり座の不安への対処法は、とにかく「無」になること。不安が生まれた舞台である今の世界からひとたび離れ、思考停止することで気持ちを切り替えます。悪く言えば現実逃避に他なりませんが、この行動によりリフレッシュして不安を正面から迎え入れることができます。

いて座

いて座の不安への対処法は、不安など初めからなかったかのように「演じる」こと。どこまでもポジティブなあなたは、不安の対象をいい意味で無視することができます。演じ続けることで、いつのまにか不安が消え去っていくことを経験から理解しているようです。

やぎ座

やぎ座の不安への対処法は、ひたすら仕事に打ち込むこと。恐怖と正面から向き合うことが苦手なやぎ座は、そのエネルギーを生産的な行動に変換させることで自らを奮い立たせます。そこで得られる達成感から、不安を解消することができるようです。

みずがめ座

みずがめ座の不安への対処法は、ブレイン・ストーミングで新たなアイデアを導き出すこと。つまり、様々な思考を巡らせて不安の正体を暴き出すことで、普通の人が考えつかないようなアプローチで不安に対処します。良いアイデアが思い浮かぶまで、根気強くトライ・アンド・エラーを継続できる人物であるといえるでしょう。

うお座

うお座の不安への対処法は、同じような不安を抱えている人に手を差し伸べること。より広い視野で不安をとらえ、あえて自分ではなく他者の不安を解消してあげることで、自らの不安解消のへのヒントを得ようとします。他人からの信頼も得られる非常に賢い方法であるといえるでしょう。

【12星座占い】12月の運勢 さそり座は良いイベントが連続!

via: thoughtcatalog / written text by なかしー

SHARE