【ちょっと怖い心理テスト】どの「城」に惹かれる?

psychological_test 2020/01/15

本当の不安は誰しも内に秘めているもの。しかし直視するのが怖くて、あなた自身も忘れ去ってしまっていませんか?

下の1〜6の中から、あなたが最も注視してしまう「城」を1つ選んでください。その答えが、あなたの深層に潜む不安を教えてくれます。

好き嫌いよりも、「つい時間をかけて見てしまう」といった画像を選んでください。

Credit: dimajadid

選べましたか? それでは、結果を見ていきましょう。

1番の城

あなたは責任感が強く、常に「やらなきゃ」という自分ルールに圧迫されています。しかも、周りに助けを求めたりしないため、心に抱えている悩みのタネが長続きしやすい傾向にあるでしょう。

また、家族や友人からは「ガマン強い人」「なんでもできる人」と思われているため、余計に一人で抱え込んでしまいます。

あなたに必要なのは、苦しみを分かち合おうとする勇気です。立ち向かうべき問題に対し、サポートしてくれる仲間を持つようにしましょう。

2番の城

あなたは弱みを見せるのがいやで、いつも理想の自分を演じているでしょう。

人に褒められたいと思っていますし、周りもあなたを過剰に褒めそやすことが多々あります。ある役柄を演じることで居心地がよくなるタイプです。

しかし、時には、表向きの仮面を外して、無邪気に笑いたくなることもあるでしょう。

心の底では、自分が社公的な場で使う礼儀正しさの裏に、何の誠意もないことを後悔しています。

3番の城

何事もを現実的に観察することのできる賢さを持つあなた。あらゆる状況を前もって計算し、情報を瞬時に把握する能力に長けています。どんな状況でも、冷静さを失うことはありません。

一方で、周囲の人は、あなたが感情に乏しい人だと感じています。あなた自身も公的な場では、ハメを外さないよう気を使っているでしょう。

しかし、昼間の喧騒から解放され、夜の静けさが訪れる時、あなたは心の底から湧き上がる感情に満たされます。

本当は、周囲と一緒に笑ったり、泣いたり、自分の気持ちに正直に生きたいと望んでいるのではないでしょうか。

4番の城

人当たりがよく、面倒見の良いあなたは、他人の願望を優先させることに慣れています。たとえ、夜中に友人から助けを求められても、悩むことなく駆けつけるでしょう。

ほとんど不可能なことを要求されても、「私がやらなきゃ誰がやる」精神でチャレンジします。

しかし、その利他的な精神の裏には「いつかみんなが私を助けてくれる」という気持ちが隠れています。

ところが、周囲の人は、あなたが無条件に頼みを聞いてくれるものですから、休むことなく助けを求めてくるでしょう。あなたの優しさにつけ込み、利用する人もいるので注意が必要です。

5番の城

活力に満ちあふれ、人当たりも良いあなた。最大の武器は、安定した精神であり、現実味のある目標を設定して、努力し、着実にクリアすることができます。

あなたが1番に大切に思うのは「家庭」や「家族」で、地に足のついた平和な生活を送っていることでしょう。

一見すると、すべてが順調に見え、不安な点は見当たりません。ところが、あなたには「このままで良いのか」という心の陰りがあります。白馬の王子さまが現れるのを待つ少女のように、夢のような現実を待ち望んでいるのではないでしょうか。

しかし、そうしたロマンスが、あなたの生活に新鮮なエネルギーを与えてくれるでしょう。

6番の城

あなたの心は暗闇の中にたたずみ、すべての行動に不安や混乱が付きまといます。

孤独や不安にも慣れてしまい、もはや苦痛にすら感じていないかもしれません。恐怖心に内側から蝕まれ、挑戦することに躊躇しています。

魅力的な見た目や多くの才能を持っているにも関わらず、一歩踏み出して、能力を発揮することができないでいます。

しかし、その不安や恐怖は克服することができます。心に自信を持ち、少しずつで良いので一歩ずつ前に踏み出しましょう。

あなたには、恐怖心を打ち消すほどの才能を持ち合わせています。

 

心理テストの新着記事一覧はこちら

関連記事

【心理テスト】最初に何が見えた?あなたの「意外な一面」が分かる!

【恐怖の心理テスト】 あなたが「抑圧」しているものはなに?最も「怖いと感じる人」を選んでください

【心理テスト】何が最初に見えた? あなたの本当に「怖いもの」がわかる… 「裏切り」を怖れる人は○を選ぶ

【心理テスト】絵でわかる心理テスト! 何を「恐れているか」がわかる…

恐怖のサイコパス診断! 10の質問でわかるあなたのサイコパス度…

reference: dimajadid.net / written by Cocology編集部

SHARE

TAG