【12星座占い】2月の運勢 おとめ座は仕事に関して予想外の知らせが舞い込む!?

fortune-telling 2020/01/19

2020年に入り、はやひと月が経過しつつあります。そろそろ来月の運勢が気になる頃ですね。

2月も星座ごとの運勢をチェックしてみましょう!

おひつじ座(3/21〜4/19)

長年交流が途絶えていた友人について、予想外のニュースを耳にするかもしれません。

美味しい話にまんまと騙されないよう、行間をよく読んで! 自分なりの考えがまとまるまでは、気乗りしないことに首を突っ込むのは禁物です。ひょっとしたら、背後には思わぬ罠が潜んでいるかもしれません。

1月後半は、おひつじ座さんの願望に関係する領域で、星たちの活発な活動が見られました。2月はそれらの願望が次々と実現する時期です。

おうし座(4/20〜5/20)

おうし座さんが掲げる高い理想や希望にスポットライトが当たりそうな2月。人生の方向転換を迫るような出来事がひっきりなしに起き、落ち着かない日々が続きそうです。

家の中の細々した問題によって生まれた制約からは幾分開放されそうです。それは、家庭内で自分が負っている責任によって、物事を変えたいというあなたの願望が抑圧されているからに過ぎません。さらには、仕事も忙しくなるため、ますます窮屈さを感じるかもしれません。

ただ、外的な要因によって制約が生じるのは仕方ないにしても、自分で自分に足かせを掛けている場合も…。ストレスの要因になるので、後者は改善をおすすめします。

ふたご座(5/21〜6/21)

さまざまな課題について、自分なりに納得できる結論が得られそうな2月。1つの課題を解決してから次の課題に進むよりも、複数の課題に同時進行で取り組んだ方が良さそうです。

職場では、考え方の変革を迫るような出来事に数多く直面しそう。これらの変化は、必ずしもあなたが好む類のものではないかもしれません。

また、しっかり者の友人が、あなたの長所を思い出させてくれそう。「周囲に求められている要件を自分は満たしていない」と悩むあなたにとって、友人の一言は大きな励みになるでしょう。

かに座(6/22〜7/22)

収入源に関して驚くようなニュースが飛び込んできそうな2月。迅速な行動が利益をもたらします。

問題は、配偶者や恋人はあなたと同じ考え方を持っているとは限らないこと。これは単に理解が不足しているためなので、相手に上手く説明することが必要です。

学ぶべきことは学び、悩み事のせいで思考を妨げられないようにしましょう。あなた自身の理論はとてもはっきりしているので、自信を持って大丈夫です。

目標達成のためにクリアすべき課題は、この時期大きく前進するでしょう。

しし座(7/23〜8/22)

結婚や恋愛にスポットライトが当たった1月。身の回りのことについていくつか意見の不一致があるものの、パートナーとの関係は引き続き良好に保たれるでしょう。

たとえ問題が起きたとしても、それによって動揺しないかぎりは容易に解決することができるでしょう。大切なことは、物事を大きな視点で捉え、愛情に満ちたコミュニケーションを心掛けることです。

仕事では、あなたの業績に関するニュースが飛び込んできそうですが、特にこれといった結果をもたらすものではなさそう。

また、資産運用についての話が舞い込む可能性も。すぐに飛びつく前に、詳しい知見を持った人から助言を受けることが大切です。

おとめ座(8/23〜9/22)

仕事への集中力が高まる2月。仕事に関する驚くべきニュースが舞い込んで来そう。

投資資金などに関する交渉には、自分にとってベストな条件が引き出せるようにアグレッシブな姿勢で臨む必要があります。周囲の理解を得るためには、一つ一つの質問に丁寧に答えなければなりません。

望み通りの結果を得られる可能性は極めて高いでしょう。オファーを受けた収入に関するあなたの考えは明確に定まっているようですが、別の悩み事が生じる可能性も。現実的な予測を立てることが肝要です。

てんびん座(9/23〜10/23)

娯楽や社交にスポットライトが当たった1月。2月は前月にも増して楽しい時間が過ごせそうです。

ただし、過剰な出費にはくれぐれも注意を。身の丈に合ったお金の使い方が大切です。

配偶者や恋人との間に誤解が生まれる気配も。溜め込んでいた怒りを爆発させて、取り返しのつかない事態を招かないように肝に銘じましょう。

問題は、あなたが偏ったものの見方をしていることです。心をオープンにして状況を俯瞰すれば、お互いをより深く理解できるはずです。

さそり座(10/24〜11/22)

さまざまな変化が生まれそうな2月。パートナーと過ごす時間が心のバランスを保ってくれるでしょう。

仕事に関してのやり取りは一進一退。意見の相違によって、ストレスが溜まりそうです。問題解決への最善の道は、考え方の溝を埋めようと試みることです。

2月半ばには驚くようなニュースが飛び込んできます。決断には直感に頼ると吉。特に、個人的な人脈を通じて得られた情報が大いに役立ちそうです。

イライラを家庭内に持ち込むことは避けましょう。

いて座(11/23〜12/21)

きょうだいや近親者と接触する機会が増えそうな2月。予期しなかった知らせが舞い込み、長期的にあなたの得になる変化をもたらしてくれそうです。

友人からのお誘いや提案にはきちんと耳を傾けて。外国や遠隔地への旅行にそれほど興味が無かったとしても、良いリフレッシュになるかもしれません。

収入に関しては、自分の考えをはっきりと主張する必要が。裏であなたの気持ちを弄ぼうとする者の気配があるので、要注意です。

やぎ座(12/22〜1/19)

収入やあなた自身の価値にスポットライトが当たる2月。さまざまな変化が起きますが、不思議と思い通りに事が運びます。

直感が冴え渡る時期なので、それに従うと吉。家庭の中で生じた不和や制約がもたらした緊張は、上手く取り除く必要がありそうです。家族の理解が不足していると感じたら、まずは自分から歩み寄って話し合いを試みましょう。

仕事に関しては、方向性そのものは間違っていませんが、給与や報酬に関する不安が悩みの種となりそうです。

みずがめ座(1/20〜2/18)

とりとめのないアイディアが頭によぎって考えがまとまらない2月。コロコロと意見が変わり、方向性が定まりません。

職場では、自分には責任のない事柄について周囲から非難を受ける恐れがありますが、これらの問題は解決するでしょう。同僚やパートナーがあなたの肩を持ってくれます。

また、あなたの崇高な信条や哲学的見地が揺さぶられるような出来事が起きるかもしれません。そんな時こそ、曇りのない心で物事を見ることが大切です。

うお座(2/19〜3/20)

気持ちを混乱させるような出来事が身の回りで起きそうな気配。頭の中を整理するためには、プライバシーの確保が必要です。

金運は上昇傾向ですが、個人収入については単純な思い違いがトラブルを招く可能性も。

これらの問題には創造性をもって対処すると吉。仕事を通じて臨時収入も得られそうです。

 

2月があなたにとってハッピーな月になりますように。

12星座それぞれの「表と裏」。さそり座は「相手を操ろうとする」…!?

reference: yearly-horoscope / written by Cocology編集部

SHARE