自己肯定感の低い人がやりがちな、心身を壊す自己肯定感の上げ方

心理学 2020/02/22
Credit: depositphotos

つい他人と比較して落ち込んだり、自分には価値がないと感じることはありますか?

そう感じる原因は、自己肯定感の低さにあるかもしれません。

自己肯定感とは、ありのままの自分を好意的・肯定的に受け止める感覚のことです。他人と比較するのではなく、自分が自分であることに満足していると、自己肯定感が高い状態になります。

一方、自己肯定感が低いと、嫉妬心や劣等感などネガティブな感情に襲われ、心身を壊してしまうこともあります。

この記事では、自己肯定感が低い人の特徴、陥りがちな誤った自己肯定感の高め方、そして他人との比較や嫉妬心から離れる方法をご紹介します。

自己肯定感の低い人の特徴

自己肯定感が低い人は、具体的にどういった特徴があるのでしょうか? 代表的な3つのポイントを解説します。

過去の失敗へのこだわりやトラウマがある

過去に失敗をして人に迷惑をかけたり、トラウマになるほどの経験をした人は、その出来事からなかなか離れることができません。

思い出す度に「なんて自分はダメなんだ…」と苦しんだり、物事の始まりに「また同じ失敗をしてしまうんじゃないか」と怖くなったりすることもあるでしょう。これが自己肯定感を下げる原因となります。

他人との比較や劣等感の意識が強い

自己肯定感が低い人は、すべてにおいて他人と比べてから自分を評価する傾向にあります。容姿や能力、性格などあらゆる点において比較し、「それに比べて自分は…」と劣等感を抱きます。

たとえ他者から褒められてもそのまま受け取ることができず、自分の劣っている点を探して自己否定してしまうのです。

いつも「できない」と思ってしまう

新しいことを始めようとしたり、達成したい目標を掲げてみても、「どうせ自分にはできない…」と自分を信じることができません。

自分を信頼する気持ちが足りないと自分の価値観に従うこともできないので、物事に消極的な姿勢になってしまいます。そんな自分に嫌悪し、よりネガティブな感情に支配されてしまう人もいます。

陥りがちな心身を壊す自己肯定感の高め方

自己肯定感を高めるにあたり、間違った方法を続けていると最終的に心身を壊してしまいます。以下では、自己肯定感が低い人が陥りがちな自己肯定感の高め方を解説します。

1. 他人・基準との比較

自己肯定感を高めようとするとき、陥りがちなのが「他人と比較すること」と「自分自身や他人・社会が決めた基準と比較すること」です。

先述したように自己肯定感が低い人は、他人と自分を比較をしやすい傾向にあります。その差を埋める、あるいは対象となる人や基準を超えることで自分に自信をつけようとするのです。

2. 嫉妬

他人と比較し始めると、自分になくて他者にあるものを自覚し、嫉妬心が生まれます。例えば「あの人は生まれつき容姿に恵まれていてずるい」「あの人はみんなから可愛がられていてずるい」と、嫉妬心が燃え上がっていくのです。

幸福と嫉妬は相容れない感情なので、嫉妬心があるうちは自身が求める幸福(自己肯定感を高い状態)を手に入れることはできません。

3. 人の不幸を喜ぶ

嫉妬には2種類あります。1つは先述した、他人の成功や優れた部分を喜べないこと、そしてもう1つが人の不幸を喜ぶことです。この心理を「シャーデンフロイデ」と言います。

人に不幸が起こっても自分自身は変わらないままなので、当然ながら自己肯定感の向上には繋がりません。嫉妬心を抱く対象の人の不幸を喜ぶだけでなく「その人には元々成功する価値などなかった」と感じる人の自己肯定感を上げることは更に難しいでしょう。

自己破壊

他人と自分を比較しているとき、人はイライラするなどのストレスを感じています。最近の神経科学の研究では、ストレスホルモンのレベルを上げる慢性的な怒りが身体の臓器に影響を与え、最終的には病気を引き起こすということがわかりました。

また、怒りの感情に振り回されていると、身体からの警告にも気がつくことが困難になります。他人と比較してストレスを溜めることで、自分でも気が付かないうちに徐々に心身が壊れていってしまうのです。

他人との比較や嫉妬心から離れる方法

人は「あなたが嫌いな人を思い浮かべてください」と言われると、思い浮かべた人を非難する思考になります。その後に、「今度は、その嫌いな人を非難しないようにしてみてください」と言われると、更に非難する思考が強まるのです。

つまり人間の神経系は、「しないことをする」ということに向いていません。いくら考えないようにしても、比較して嫉妬しないようにしようとしても、その思考が強くなるようにできています。

そういった思考から離れるためには、自分自身が感じていることを書き出すことがおすすめです。嫉妬心を消し去ることはできません。ただ、書き出すことで頭の中から切り離し、客観的に見ることはできます。

人に妬む部分は、自分が心から欲しているものの現れです。自分の思考や価値観を冷静に見て受け入れてみてください。

自分自身を見つめるところから始まる

今回は、自己肯定感が低い人の特徴、陥りがちな心身を壊す自己肯定感の高め方、そして嫉妬心から離れる方法についてご紹介しました。

自己肯定感が低いとつい周りと比較してしまいますが、まずは自分にあるもの・自分が欲しているもの・他人に向けている感情・自己肯定感が低いことなど等身大の自分を認識するところから始まります。

「他人に嫉妬しているな」と感じたときは、一度冷静になって自分自身を見つめてみてくださいね。

間違えやすい「自己肯定感」と「自己愛」の違いとは

reference: Psychology Today, 東洋経済オンライン(1, 2)/ written by Cocology編集部

SHARE

TAG