【12星座占い】自信がなくなった時どうする?ふたご座は友人と話す

horoscope 2020/03/28

人はよほど自分に自信が無い限り、周りからまったく称賛されなかったり、認められなかったりすると自信を喪失することもあるでしょう。

そんなときどういう反応を取るかは、星座によって特色が出るものです。

あなたはどんな対応を取りますか?

おひつじ座(3/21〜4/19)

おひつじ座は自分に強い自信があるので、基本的に周りからの称賛を求めていません。周りからどんなところがすごいか、素敵かを聞かなくても、自分自身の良いところをきちんと把握しています。

現時点での自分を十分に肯定していますが、それ以上を求める場合は、優越が決まるようなチャレンジをしたり、過去の自分を越えようと努力するでしょう。

最終的には「どんな状況においても、最も信頼できるのは自分だ」という結論に達するようです。

おうし座(4/20〜5/20)

おうし座は周りから称賛を得たいと感じる時、「自分の心を満たすために、他者からの賞賛・承認は必要ない」ということを思い出します。

周りから称賛されない不安は、何かに挑戦して達成できたときに打ち砕くことができることを知っています。また、最初上手くできなかったとしても、正しくできるまで何度でも挑戦する諦めない心を持っています。

何をするにしろ、自分自身を鼓舞できるので、他者からの賞賛や応援は必要ないでしょう。

ふたご座(5/21〜6/21)

ふたご座は、周りから認められてないと感じた時、友人と話す時間を作ります。話をする中でいかに自分がすごいかを思い出したり、時には自分を褒めてくれる人と一緒に過ごすことが、1番の心のケアになると信じています。

自分自身でも肯定できているのですが、他者から褒められる方が自信がみなぎるタイプ。自分について誰かと笑いながら話すことも、心を落ち着かせる方法の1つのようです。

かに座(6/22〜7/22)

かに座は、他者に多くのことをしてあげるので、相手にも同様の優しさや思いやり、称賛を求めてしまう傾向にあります。残念ながら自分が求める時にいつでも他者に頼れるわけではないので、自分で自分を十分に褒めてあげるようになる必要があります。

自分のポジティブな面を書き出し、どれくらい活用できているかを振り返ってみてください。客観的に自分のことを見ることから、自己肯定は始まります。

しし座(7/23〜8/22)

しし座は、家のすぐ近くのバーやコーヒーショップ、自己表現ができる劇場など、自分を支えてくれる場所を多く持っています。周りから称賛されていないと感じた時はそこへ行き、自分が求める評価を得て自己肯定しています。

基本的にどこにいても自分らしくいられるしし座。特に注目の的になれる場所であれば、より一層輝くことができるでしょう。

おとめ座(8/23〜9/22)

おとめ座は、周りから称賛・承認されないという気持ちを、悲しみや不満に繋げることはありません。人のせいにすることはなく、認められないということには何か原因があると、問題の本質を深くみるようにします。

そして、周りから感謝されていないと感じることに責任を感じ、どうやったらそれを払拭できるかを考え、努力して改善しようとするでしょう。

てんびん座(9/23〜10/23)

てんびん座は、思いやりや優しさ、感謝の気持ちを持って自分がされたいように周りに接することで、称賛されない不足感を補おうとします。

周りの人に尽くすことで、自分も周りの人に支えられている実感を持ち、些細なことにも感謝の気持ちを抱こうとするのです。

さそり座(10/24〜11/22)

さそり座は、周りから称賛されない時「他の人たちは自分の心を読めないし、自分がしていることを完璧に把握しているわけではない」ということを思い出します。

さそり座にとって「何が欲しいか」だけでなく「なぜそれが欲しいのか」をクリアにすることが重要なのです。

一度自分が何を求めているかがわかれば、それを手に入れるために計画を立てることができます。自分の感情を他者によって振り回されるのではなく、自分でコントロールできる時が最も心安らかになれる時でしょう。

いて座(11/23〜12/21)

いて座は、周りから称賛されていると感じられない時、外に出たり、初めての人に出会えるソーシャルイベントに参加したりします。ソーシャルイベントに参加している時は前向きで強気になれるので、初めて知り合う人への第一印象も良いはず。

刺激的な環境の中で個性に富んだ人たちに囲まれることが、いて座が輝ける1つの方法であり、「いかに彼らがすばらしいか」「いかに周りの人が自分を認めてくれているか」を思い出すの助けになるのです。

やぎ座(12/22〜1/19)

やぎ座は問題解決能力が高いため、周りからの称賛・承認がない時、「褒めてほしい」「感謝されたい」とただ願うのではなく、率直に自分に足りないものを聞く必要があることを分かっています。

この考え方を貫くのは容易なことではありませんが、きちんと実践できた場合、色々な問題を防ぐことができますし、求めているものが手に入らなかった時に傷つくことがなくなります。

これを理解しているやぎ座は、感情や思考・行動は自分自身でコントロールすることに長けていると言えるでしょう。

みずがめ座(1/20〜2/18)

みずがめ座が周りから称賛されないと感じた時は、持ち前のクリエイティビティを発揮し、周囲が「すごい!」と言わざるを得ないような行動を起こします。

独創性に溢れているので、人々が予想できるようなことや、既に誰かがやったことはしません。そしてその行動の結果、称賛や注目・感謝などの自分が欲しい反応を求めるのです。

ただ、求める反応が手に入らなかった場合、元々欲しいと思っていなかったようなふりをするでしょう。

うお座(2/19〜3/20)

うお座は時々、周りから認められていないと感じていますが、それを心の内に留めるだけではなく、自分を高めるための刺激やモチベーションに繋げています。そのために努力し、よりクリエイティブになり、より思いやりの心が芽生えるのです。

また、彼らは周りの人の感情にとても敏感で、何か見落としていたりすれば些細なことでも気づくことができる繊細さを持っています。それが周りの反応を丁寧に感じ取ったり、クリエイティブなセンスに活かされているはずです。

【12星座占い】2020年4月の運勢!しし座は人生を見直す時期?

reference: Your Tango/ written by Cocology編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG