【12星座占い】活動的な星座5選!ふたご座は四六時中考え事をしている?

horoscope 2020/04/06
Credit: depositphotos

1. おひつじ座(3/21〜4/19)

仕事でもプライベートでも、いつでも100%のエネルギーを使うおひつじ座。ついていく唯一の方法は、シンプルに彼らのリードに従うことでしょう。

短気で衝動的という性格は別にして、活発なおひつじ座は毎日活発に動かないとストレスが溜まる可能性があります。

運動など健康的な日課が多くの人に爽快感や幸せをもらたすように、おひつじ座もジムに行くと、普段から溜め込んでいるエネルギーを発散できるでしょう。

2. ふたご座(5/21〜6/21)

ふたご座の人は、仕事ではもちろん休みの日も、絶え間なく頭を使って考えをめぐらせています。知的好奇心やコミュニケーションを司る水星などの影響もあってか、素晴らしい知性を持ち、またウィットに富んだ言動を取ることができます。

そのため、おひつじ座には、優れたストーリーテラーや問題解決に長けた人が多いはず。こうした特性を持っていることから、休日にも頭を動かし続けてしまうのです。

3.おとめ座(8/23〜9/22)

分析や問題解決能力に優れ、いつも考えが整理されているおとめ座。彼らの特徴として、いつも生産性を維持し続ける方法を模索するという点が挙げれます。仕事やプライベートでの各タスクにおいて、締め切りや時間を気にして動きを止めることはありません。

また、努力家でどんなことに対しても全力を注ぐため、やり遂げるのに時間がかかり、1日で終わらせることが難しいはず。

仕事にしろ、家庭内でのことにしろ、大切な人を喜ばせるためにエネルギーを注ぐタイプなので、休みの日でも忙しくしてしまうのでしょう。

4. いて座(11/23〜12/21)

いて座は物事を学んだり、旅行にでかけたり、歩き回ることが大好きで、常に休むことなく心・精神・身体を動かしています。これは、「人生は一度きりで時間は限られている。」「学ぶべきことがたくさんある」と考えているためです。

多くの人は服やアクセサリーなど物を集める一方、時間を大切にするいて座は、1つでも多くの実体験を得ることを好みます。

知らない土地で迷子になったことや、友人と一緒に雨に打たれて風邪を引いたことなど、どんな瞬間も大切にして忘れることはありません。どんな経験や思い出も、今後の人生の糧にしているのです。

5. やぎ座(12/22〜1/19)

やぎ座は「無駄なことに割く時間はない」といつも考えており、休むことなく頭や身体を動かしています。目標やゴールを達成することが人生においての最優先事項で、遠回りをしたり、目標達成に直結しないようなことは避ける傾向にあります。

やぎ座の中には、成功までの絶え間ない努力をする過程で、立ち止まったり「つまらない」と感じる人もいますが、血や汗・涙がにじむ努力は報われ、簡単に手に入れられる成功よりも遥かに達成感や満足度が高いことを知っています。

そのため、どんなに苦しいことでも前に進み続けることができるのです。

 

星座占いの新着記事一覧はこちら

【12星座占い】2020年4月の運勢!しし座は人生を見直す時期?

reference: elite daily/ written by Cocology編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG