恋愛に夢中なとき、よく不安に駆られる7つのこと「関係に執着してると思われたくない」

psychology 2020/05/11
credit: depositphotos

一見幸せそうな恋人との生活ですが、ひょんなことからトラウマになってしまうことも…。

今回は、恋愛関係であなたが不安に思っているかもしれない7つのことについて紹介します。

関係にコミットを求めること

相手に献身を求めてしまうのは普通のこと。

初めは「話す」だけのつもりが、「デート」へと変わったような場合は、注意する必要があるでしょう。例えば、一緒に長い時間を過ごし、お互いに絆を深め、距離が近づいてきたのに、あなたは何も気づいていないなふりをしている…といった場合です。

相手に対する感情を自覚しないまま流されると、将来自分が傷つく結果になりかねません。自分の中の気持ちがはっきりするまでは、二人の関係性を曖昧にしておく余力を持ちましょう。

関係に執着しない人を好む

一般的に、相手との関係に執着しない人を好むような風潮があります。相手からの連絡を気にするような人は好まれないというようなイメージを、あなた自身も持ってはいませんか。

しかしゲームでは、「誰も気にしないかのように行動する」と、誰も勝ちません。つまり、誰も試みていないので誰も勝たないのです。

私たちは皆、誰かと心からつながる必要があるというのを認めることが必要でしょう。

パートナーに対する基準が低い

きちんとしているという基準は、浮気をしないというだけでなく、自分自身を自己管理したり、相手への愛情を示したりすることを含みます。

週に1回料理を作ってくれるので、あなたはパートナーを賞賛しているかもしれません。しかし、もしあなたが親ならば、自分のための時間が一時間あれば、子供をみることにするでしょう。

あなたは、パートナーの貢献量に関して、低い基準しか設定していないかもしれません。

パートナーが色んな人とデートしていると思い、安心できない

一つの関係にコミットするのが難しい理由を知っていますか?可能性は無限であると考え、チャンスを見逃したくないと思うからです。

以前までは、あなたの家族の知っている人や、あなたのコミュニティ内にいた人物のみに、デートする対象は制限されていました。今日、誰にでも、どこにでもつながることができ、最優先のことを設定できたりフィルタリングできたりします。

この理由で、パートナーとの関係に関して私たちの多くが安心できないと感じてしまうのかもしれません。

夢の実現への伴走者にさせられる

あなたは、あなたコミットするつもりのない人を、愛した経験がありますか?

パートナーの夢を実現させるためのパートナーとして、あなたの時間を捧げたことがあるかもしれません

誰かの可能性に恋をしているとき、あなた自身は毎回軽視されてしまうかもしれません。

本当のつながりを保つのは難しい

私たちの本当のつながりを妨げてしまうものは何かを知っていますか?

多くの人が仕事から帰宅後、1時間はスマートフォンを触っていると言われています。

しかし、私たちが望んでいる親密な関係を保つことができるのは、実際に人と時間を過ごしている時です。

良い関係は私たちが見つけるものではなく、私たちが築くものなのです。

「つい続きが気になってしまう」ツァイガルニック効果。恋愛や仕事に活かす方法は?

references: thoughtcatalog.com /written by cocology編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG